打ち身を早く治す方法を説明します

スポンサーリンク

打ち身、または打撲とは、どういう症状でしょうか。
打ち身とは、物体に強くぶつけたり、転倒したりして、身体の一部を激しく打ったときに現れる症状のことです。
発症の初期では、内出血を起こしたり、赤く腫れたり、患部に負荷をかけると痛みを感じたりします。
症状が軽い場合は、二週間ほどで完治することもありますが、他の要因によって、二月三月と長引く場合もあるので、そのときには病院の整形外科に行って診察を受ける必要があります。
症状が軽い場合には、自然治癒で二週間ほどで治ってしまいますが、内出血などで肌に痣ができてしまい、それを人に見られる嫌でなるべく早く治療したい人や、スポーツをやっていて復帰するまでの時間を短くしたい人などいるかもしれません。
そこで、打ち身の治療で早く治す方法を説明します。
打ち身の治療は、受傷からの期間によって治療法を変えることが早く治すための重要なポイントになります。
まずは内出血や腫れの有無を確認しておいてください。
内出血の色によって、症状の重さがどれくらいか判別できます。

スポンサーリンク

受傷後の三日後までは、初期治療方法として、アイシング療法を行ってください。
アイシング療法は、患部を冷却することによって内出血や炎症を最小限に抑える効果があります。
内出血は身体の持つ自然治癒力によって患部に血液が大量に集まることによって発症するからです。
アイシングの正しい方法は、氷嚢を使って患部全体をまんべんなく冷やす必要があり、といって温度は低すぎず、なるべくゼロ度を保つようにしてください。
次の段階として、受傷後の三日目以降は、早く治す方法として温熱療法を行います。
初期治療が終わると、内出血はおさまり、傷ついた細胞組織は次第に回復いていきますが、そのさいに、患部を温めることによって血流の流れを促進させて、自然治癒力を高めることができます。
温めたタオルを当てたり、ゆっくりと入浴するなどしてください。
薬を使用して早く治すこともできます。
特に効果があるのが、塗り薬です。
患部の血行を良くして治療のスピードを早めることができます。
いろいろな種類のものが販売されているので、薬剤師などと相談して使用してください。

スポンサーリンク