打ち身の痛み期間について

スポンサーリンク

気を許していたときにけがをすることがあります。
普段気をつけているときには意識をしているので危険なことがあっても回避をすることができます。
しかし気を許しているときには、ドアにぶつけてしまったり何かにつまずいてしまったりというようなことがあります。
このようなときにけがをしてしまうのです。
日常生活の中で発生しやすくなっているのが打ち身となります。
しばらくの時間痛みが発生するようになっていますが、その後自然に痛みが消えていくようになっています。
打ち身とはどのような特徴があるのかというと、体の一部分を強く打ち付けることで、筋肉が損傷をしてしまうというけがになります。
人や物にぶつかってこけたりするというのが打ち身のとなります。
症状が軽いという場合には、痛みが続く期間はそれほど長くありません。
1週間から2週間という期間で自然治癒するようになっています。
しかしこれよりも長い期間症状が続くという場合には、注意が必要となります。

スポンサーリンク

打ち身が完治するまでの期間は、そのときのけがの症状によって異なっています。
しかし基本的には1週間以内に治るということが多くなっています。
初期の段階では、内出血が発生するということで、腫れが見られることもあります。
しかし人間には自然治癒力があるので、時間の経過と共に腫れの症状も治まり、痛みがなくなっていくというようになっています。
体をどこかにぶつけたときに青あざができるということがありますが、このときに患部に激痛が発生するのはけがをしたそのときになります。
しかし3日後ぐらいには痛みがほとんどなくなります。
したがって普通の生活を送ることができるようになっています。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。
それは患部を押すとまだ痛みが残っているということです。
打ち身の場合には痛くても動かすことができます。
しかしここで無理をして動かしてしまうと回復が遅くなり、症状が悪化するということもあります。

スポンサーリンク