打ち身をした時にはお風呂について対策を考える必要があります

スポンサーリンク

打ち身をするということは非常に一般的に起こりうることです。
実際に起こってしまうと軽いと自分で判断して放置してしまう人もいますが、実際にはきちんとした対処をしないと内出血が残ってしまったり、腫れが引かないなどの現象が続いてしまうこともあります。
打ち身について一番気になるポイントはお風呂についてどうするかとうことです。
実際にお風呂は血行を促進する効果があるので、打ち身をしたあとに入浴してしまうと症状がより悪くなってしまうことがあります。
初期症状の時にはなるべく入浴は避けたほうが無難です。
どうしても気持ち悪いという場合にはシャワーなどを軽く浴びる程度にしておくのが正解です。
他の対策としては患部を出来るだけあたためないようにしたほうがいいということがあります。
お風呂に入ってしまうと、たとえシャワーだけでも体が温まってしまうことになるので、患部を冷水や氷などで冷やすことを忘れないようにしなければいけないといえます。

スポンサーリンク

どうしても夏場などの場合には汗もかいてしまったりしてお風呂に入りたい気持ちになることがあります。
しかし、症状がまだ強く出ていて腫れなどもある場合には出来るだけさっと済ますことが大切です。
初期の時に長湯は絶対に禁物です。
一番の対策は冷やすことなので、それを常に心がけておくことも大切です。
お風呂に入れるようになる判断基準としては腫れや痛みがほとんど無くなった場合です。
それでも、治りかけにお風呂に入ってしまって治りが悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。
とにかく何度もいっているようですが、患部を冷やすということを心がけておくことが何よりも大切になります。
それが一番の打ち身の対策だということになります。
入浴に関してはしっかりとタイミングを見計らって適切な状態になってからにしたいものです。
もしも気になる場合には医師に確認をすることも大切です。
誤った処置は症状を長引かせてしまうだけだからです。

スポンサーリンク