打ち身の痛みが長引くというときには

スポンサーリンク

体をどこかにぶつけてしまったというような経験をしてことがある人がたくさんいます。
このようなときには、打ち身として体の残るようになっています。
打ち身は筋肉が損傷している状態となっていますが、痛みが発生するようになっています。
しかしけがの程度がそれほどひどいものでなければ、1週間程度で痛みが治まるようになっています。
このときにはできるだけ患部を圧迫し、安静を心がけるようにします。
これで回復を待つということになります。
しかし打ち身の際に、痛みの症状が長引くということがあります。
いつまでも長引くというようなときには、いくつかの原因が考えられています。
それはけがをしたときの応急処置をしっかりと行っていなかったということがあります。
けがをしたときには患部が炎症を引き起こしている状態となります。
したがって冷やすということが非常に重要になります。
これで血液の流れを緩やかにして炎症を抑えることができるからです。

スポンサーリンク

痛みがいつまでも長引くというようなことで悩まされないために、しっかりと応急処置の方法を頭に入れておくようにします体を痛めたときには基本的に冷やすということを行います。
しかし軽く冷やせばいいということではありません。
ここでは氷をたくさん使ってしっかりと冷やすということが必要になります。
その目安としては、何もけがをしていないところが冷たさで痛くなる程度と考えます。
ここでしっかりと冷やしておくことで炎症を抑え、痛みを和らげることができます。
患部の熱を下げるということが目的です。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。
それはあまりにも腫れがひどいというときです。
このようなときには骨折の可能性が考えられます。
したがって自己判断をせずに医療機関を受診するようにします。
日常生活の中でけがをしないように気をつけることが大切ですが、打ち身が発生したときには、経過をしっかりと観察し、正しい対処法を実践することが基本となります。

スポンサーリンク