打ち身を早く治す方法

スポンサーリンク

打ち身を早く治す方法は複数存在します。
その中でも比較的簡単なのが、湿布を使ったものです。
湿布は2種類あります。
冷やすものと温めるものです。
これは単に温度差があるのではありません。
状態によって使い分けるためにそうなっているのです。
 打ち身をした直後は、冷湿布を貼るようにしましょう。
これは先に氷などで冷やし、応急処置をした方がより効果的となります。
 何故先に冷湿布を貼るのかというと、炎症を起こした部分の熱を冷ますためです。
炎症とは熱を帯びることにより痛みを発するものです。
そのため、冷たくすると痛みや腫れが和らぐのです。
 病気だけでなく、ケガもまた治療に際してメンタルが多分に影響します。
これは痛みで眠れなかったりすると、それがストレスに繋がり、他の部分に悪影響をもたらすことが少なくないからです。
 そのため、打ち身を早く治す方法としては、患部を冷やし、痛みを取り除くことを第一に考える必要があるのです。
 温湿布は痛みが引いた後に使いましょう。

スポンサーリンク

 打ち身を早く治す方法としては、お風呂に入るのも有効です。
これは先に説明したように、患部の痛みが引いてから活用するようにしましょう。
 入浴時に注意すべき部分は、患部だけではなく全身を温めることとなります。
これは痛んだ部分だけでなく、全身の血行をよくすることにより、自然治癒能力を高めるためです。
 ただし、温めすぎるのも駄目です。
これは熱めのお風呂に長時間入っていると、炎症や腫れがぶり返す恐れがあるからです。
 そのため、温めのお風呂にのんびりと浸かり、身体の疲れやこりなどもほぐすのがベストとなります。
 同じ要領で、血行をよくする食品を中心に取るのも有効です。
これは緑黄色野菜や青魚を積極的に取るようにすれば大丈夫です。
 その際の注意点としては、健康によいものだからと無理をして食べるのではなく、調理法などに工夫を加え、楽しみながら食べることです。
 無理をして続けようとすると、途中で飽きが来たりストレスになるのは、他の方法と同じです。
そこに気をつけましょう。

スポンサーリンク