打ち身の応急処置と冷えピタについて

スポンサーリンク

打ち身をしたときにはまず応急処置をするということが大切になります。
このときにどのような応急処置をしたかによって、その後の回復期間や痛みなどが残る期間ということが変わってきます。
また内出血によってあざが残るということにも大きく関係してくるので、非常に大切なこととなっています。
体のバランスを崩してどこかに体をぶつけてしまうというようなことがあります。
このような経験をしたことがあるという人が多くなっています。
とくに打ち身になってしまうと、患部が熱を持って数日間痛みが発生するというようなことがあります。
内出血であざができてしまうことがあるので、見た目にもあまりよくありません。
したがってこのような症状を抑えるためには、しっかりと患部を冷やすということが大切になります。
ここでいちばんに考えるのが湿布ということになりますが、湿布がないということもあります。
そこで湿布の変わりに冷えピタを使うという方法があります。

スポンサーリンク

冷えピタは風邪で熱が出たときに使うようになっていますが、最近では打ち身の時に代用するという人もいます。
冷えピタはそれほど大きなものではないので、患部のすべてを覆うということができません。
しかし長時間冷たいという状態を維持させることができるというメリットがあります。
したがって打ち身の応急処置としては非常に効果が期待されています。
なぜすぐに冷やさなければいけないのかというと、それは炎症を抑える効果があるということで、痛みや熱を短い期間で抑えることができるからです。
したがって早めの対処が必要となります。
炎症が治まってきたときには、続けて冷えピタを使わなければいけないということはありません。
ここではできるだけ安静にします。
患部に貼っているとどうしてもずれてくるということがありますが、このようなときには包帯などを利用して固定をするようにします。
集中的に患部を冷やすことができるので、炎症を抑える効果がさらに高まります。
痛みを感じなくなれば、自然治癒を待ちます。

スポンサーリンク