打ち身したときのお風呂と痛みの関係

スポンサーリンク

打ち身はやったことがある人が多いケガです。
これは走っているときに転んだ、地面が凍っていて転倒したということをその原因とするためです。
不注意から起きるものと考えて差し支えありません。
 しかし、原因が何であれ、一度やってしまったら治療に取り組むほかありません。
 では、打ち身をした直後に、お風呂に入ってよいのかと言えば、それはNGとなります。
 これは何故かと言いますと、患部が腫れや内出血を起こしているからです。
そしてこれらは身体を温めて血行をよくすることにより、痛みを悪化させてしまいます。
 通常、身体が痛んでいるときは、お風呂に入ってのんびりしていれば、それが治るというイメージがあります。
しかし、打ち身をしているときは逆効果となるので、控えねばならないのです。
 しかし、身体がかゆいからどうしても入りたいという場合は、シャワーだけに留めるようにしましょう。
 その際も痛みのある部分にお湯を当ててはいけません。
シャワーを浴び終えた後は、氷水などでそこを冷やすという具合に、ケアをする必要があります。

スポンサーリンク

 では、打ち身が完全に治るまで、お風呂に絶対入ってはいけないのかと言えば、実はそうでもありません。
内出血や腫れが引いた後に入浴すると、症状が緩和されることが確認されています。
 これは血行をよくすることで、人体が持つ自然治癒力を活性化させることに繋がるからです。
 ただし、あまり長風呂をするのはいけません。
これは痛みのある部分が熱を持つことによって、腫れが再発することがあるからです。
その場合にはすぐ入浴をやめるようにしましょう。
 痛みが再発したときの対処法は、これまた冷やすことになります。
患部を氷水などで感覚が無くなるまで冷やし、多少の間を開けて感覚が戻ってきたらまた冷やすという行為を、数回繰り返すようにしましょう。
 なお、入浴のタイミングがいまいち分からないという人は、専門医に相談し、その指導の下でそれを行ってください。
 打ち身ぐらいなら素人判断でも平気だと考えていると、完治が遅れることになります。
それを意識しておきましょう。

スポンサーリンク