打ち身の塗り薬の成分について

スポンサーリンク

打撲や打ち身の経験があるという人が多くなっています。
ドアノブにぶつけたり、重たいものを上から落としてしまったりというように、日常生活の中で危険がたくさんあります。
このような中でそれほど症状が重くないというようなときには、セルフケアをすることができます。
しかししっかりとケアをしなければ、後で痛みや腫れが残ってしまうこともあるので、注意が必要となります。
しっかりと応急処置をするということが治療の第一歩ということになります。
そこで打ち身の際には自分でケアをする際によく使われている薬があります。
湿布や塗り薬ということになりますが、これはドラッグストアで手軽に購入することができます。
しかし現在ではたくさんの種類が販売されているということで、わからない場合には薬剤師に相談するようにします。
打ち身とはどのような症状となっているのかというと、ものにぶつかったりたたかれたりなどで強打をし、筋肉が損傷を受けている状態となります。

スポンサーリンク

損傷が発生するようになっていますが、この損傷が皮膚に近い部分で発生すると内出血が見えるようになります。
これが青あざの原因となります。
体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、痛みや炎症や腫れが現れるようになっています。
しかし症状が軽い場合にはとくに何もしなくても自然治癒するようになっています。
痛みや腫れが強いというような場合には、骨折をしている可能性があるので、十分に注意をします。
治療の際に塗り薬を使うことがありますが、塗り薬にはいくつかの成分が含まれています。
ここで代表的な成分としては、消炎効果のあるものや鎮痛効果のある成分となっています。
打ち身が発生した直後に関しては、炎症と腫れがあるので、冷やして炎症を抑えるということが必要になります。
ここでは内出血をできるだけ少なくするために、圧迫をする方法も効果があります。
湿布や塗り薬に関しては、患部を冷やし終わってから使うようにします。

スポンサーリンク