打ち身で腫れが引かないときの対処方法

スポンサーリンク

打ち身という言葉を耳にすることがあります。
これは非常に有名な言葉となっていますが、日常生活の中でどこにでも潜んでいるというようなけがの一つとなります。
打ち身は基本的にはどのようなことが体の中で発生しているのかというと、体を打ち付けたときにその中の筋肉が損傷し、そこで炎症が発生していると考えることができます。
したがって適切な対処をすることが必要になります。
ここでポイントとなるのが応急処置ということになります。
これをしっかりと行うことで、後の状態が変わってきます。
最初に行う処置がしっかりと行われていないと、その後の回復を左右すると言っても過言ではありません。
しかし頭ではわかっていても、必ずしもこのような対処ができるということは限りません。
また方法を間違ってしまうということも考えられます。
こうなると腫れが引かない原因となってしまいます。
打ち身をしたときに腫れがなかなか引かないというときには、最初の処置が間違っていたと考えることができます。

スポンサーリンク

けがをしてから数日が経過しているのに、冷やすということを行っても、逆に症状を悪化させることにつながってしまいます。
血液の流れが悪くなってしまうので、回復が遅くなってしまいます。
したがって打ち身で腫れがなかなか引かないという時の対処法としては、次のようなものがあります。
それは患部を温めるということになります。
患部を温めると、血液の流れがよくなるので、これで回復を早めることができます。
またこのほかに大切なことがあります。
それは患部をあまり触らないということです。
この部分は炎症が発生しているということで、強く圧迫してしまうと症状が悪化してしまいます。
基本的に自然回復させるというようになっているので、自然治癒力に頼るという方法となります。
正しい処置をしていると考えていても、いつまでも痛みや腫れが引かないというようなときには、他に原因があるということも考えておきます。
たとえば骨にひびが入っていたり骨折というような場合です。

スポンサーリンク