打ち身をしてもあざなしの症状となる理由

スポンサーリンク

打ち身をすると大抵はあざが出来たりしますが症状によっては伴わないケースも多く、理由としては軽症故に酷くならない場合と肌の持つ機能が上手く結びつかなかった為にあざなしの状態となる事もあります。
一般的に言われるあざには打ち身以外にも生まれつきの物が上げられ両者は出来る過程こそ違いますが、基本的な部分では同じであり暫くすると消えて行くのもまた似ているのです。
ではこれらは何故できるのかと言うと肌にあるメラニン色素が強く関係してもいて、打ち身の場合は内出血がメラニン色素と結び付く形で変色したり目立つと言った過程を辿ります。
ただし健康体で血流の良い人ですと多少の打ち身程度ではあざなしの症状となる事も多く、逆に内出血を伴うなど目立つ形で変異する人はある意味で健康状態が悪いとも取れるのです。
もっとも全ての理由がこれだけで説明できる分けではなく肌の機能が衰えている場合もありますので、目立つ症状が無いのに痛みや腫れが強い場合は別の病気を疑う必要もあります。

スポンサーリンク

骨折をしている場合も一見すると打ち身に近い症状が出る事もありますがあざはできない事も多く、また内出血等が遅れて出てくる様な場合も最初の段階では肌には異常が見られないので注意すべきなのです。
他にも打ち身をしてもあざなしとなる可能性もあり肌が変色等を起こしたりしないので一見すると良い様にも思えますが、それらは単に皮下脂肪等が過剰に増えている事も原因として上げられるので余り良いとは言えないのです。
言わば太り過ぎがその理由でもあり当然ですが体の方への負担は厳しくなってもいますので、これを持って自分に良いメリットがあると勘違いすると将来的には健康を損ねる事にもなります。
ただし適切に処置をした場合も肌に異変が起こらないのでこの場合は心配する必要は全く無く、大抵が正しく冷却した時にそうした症状となるので備えておくと良いのです。
冷やすと炎症を抑え血管等が破けていても血流の流れを鈍らせる事ができますので、原因と成る内出血も起こり難くして結果として何の異変も発生しなくなります。

スポンサーリンク