打ち身ができやすい人の特徴

スポンサーリンク

打ち身とは転倒したり何かにぶつかることにより、皮下組織や筋肉が損傷した結果なるものです。
 そのため、一度か二度はそれを患ったことがあるという人は珍しくなく、ケガとして見てもさほど重くないため、あまり騒がれることはありません。
 しかし、打ち身ができやすい人には特徴があります。
それはよく転んでいる、ということです。
 これは単なるドジを意味しません。
元気いっぱいに動き回る子供、足腰の安定を著しく欠くようになった老人などがそれに該当するからです。
 前者は保護者が注意し、転ばないようにすればそれを防げます。
しかし、視力の低下など、他の要因も絡んでいる老人だと、完全にそれを防ぐのは難しいと言えます。
 打ち身ができやすい人の特徴としては、他に普段から激しく動いている人、となります。
これはスポーツ選手が該当します。
 野球やサッカーなど、素早く動く必要があるスポーツは、それだけケガをする可能性をあげます。
こちらも注意をすることがそれを防ぐことに繋がります。

スポンサーリンク

 打ち身ができやすい人の特徴としては、他に周囲の環境に影響されている、というのが考えられます。
 これはどういう意味なのかと言えば、通勤や通学などで自転車に乗る必要があり、その際に用いている道が悪いというパターンです。
 打ち身は歩いたり走ったりしているときになるという印象がありますが、自転車を運転中に横転してもそれになります。
 また、自宅の中が狭く、生活品が所狭しと並べられている場合は、それに足を取られて転倒することがあり、その際に頭を打つこともあるので、大変危険です。
 打ち身に対する予防としては、日頃から血行をよくする食品を積極摂取し、血液の流れをよくすることと、適度な運動を心がけ、筋肉や反射神経を養うことです。
 運動不足は血行を悪化させることにも繋がります。
激しいものを急に行うのは難しいのであれば、ウォーキングなど、足腰にあまり負担をかけないものから始めてみましょう。
 定期的かつ継続的に行うのが大切です。

スポンサーリンク