打ち身や打撲をしたときのお風呂の影響

スポンサーリンク

打ち身や打撲をしたときは、のんびりとお風呂に入れば治癒が早くなるものだと言われています。
 これは一面において事実なのですが、必ずしもそうだとは限りません。
これはどういう意味なのかと言えば、腫れや内出血を起こしている部分に熱を加えると、かえって症状が重くなることに起因しています。
 何故そんなことが起きるのかと言いますと、入浴により身体全体が熱を帯びると、患部にもまた熱が通うことになるため、そこの痛みが激しくなるのです。
 そのため、打ち身や打撲をした当日などは、お風呂に入らないことがベストだと言えます。
ケガを早く治したい、あるいは痛みを和らげたいと考えている人は、その影響力を無視しないようにしましょう。
 なお、真夏で身体がかゆいからどうしても入りたいという場合は、シャワーだけに留め、しかも患部を刺激しないようにしましょう。
 患部への影響が気になる人は、お風呂から上がった後、そこを氷水などで冷やし、ケアするようにしましょう。

スポンサーリンク

 では、打ち身や打撲をした場合、いつから本格的な入浴を再開させてよいのかと言いますと、それは腫れや痛みが引いた後となります。
 基本的に痛みのピークは数日間で、後は下降線を描いていくことになります。
 そして患部への痛みがなくなったのなら、入浴は治療に役立ちます。
血行をよくする効果を持つため、積極的に活用するようにしましょう。
 ただし、お湯の温度を熱くしすぎてはいけません。
これは患部が再び熱を持つ危険性があるためです。
そのため、ぬるめのお湯を張った湯船にのんびりと浸かるのがベストとなります。
 なお、湯船に浸かるのとはスタイルが変わりますが、サウナも効果的だとされています。
サウナは個人宅にはないことが多いので、それを活用したい場合は、公共の入浴施設を活用するようにしましょう。
 大きめの湯船に入り、足を伸ばすこともまた治療に好影響をもたらすのが確認されているため、そちらも合わせて活用するようにすれば、相乗効果を発揮できます。

スポンサーリンク