打ち身によるしびれの症状の原因とは

スポンサーリンク

打ち身と聞くと印象的にはあまり大した症状では無く、放っておいても問題無いなと思う方も少なく無いと思います。
しかし稀に打ち身がきっかけで体に不調をきたす例があります。
不調の例は様々ではありますがしびれをテーマに何が原因なのかを知り、予防と対策を考えていきましょう。
打ち身にも様々なパターンがあります。
しびれという症状に於いて重要なのは体のどの部分を打ったかという点です。
体には無数の神経が通っています。
この神経を打ち身によって損傷した場合にしびれという症状がでます。
人により違いはありますが、しびれの症状となると首、肘、膝辺りの神経の損傷が原因であると考えられます。
今回はこの中でも多い例である膝と首のメカニズムを調べてみましょう。
膝といいますとスポーツをしている時や歩いている時などぶつけた事があるという方は多いのではないでしょうか。
またぶつけた人の中に一瞬ジーンという様なしびれを感じた方もいるかもしれません。
これは膝に通っている神経がぶつけた事で一瞬麻痺した事が原因です。
ほとんどのケースはすぐに治るのですが、ごく稀にいつまでたっても治らないという例もあります。
これは膝に通っている肋骨神経を傷つけ、肋骨神経麻痺という怪我をした可能性があります。
この肋骨神経麻痺は治療可能です。
病院でお薬を処方して貰い医師の指示の下に治療していく事で回復させていきます。

スポンサーリンク

膝と同じ様に首も神経の損傷でしびれる事があります。
首には頸椎というものがあり、頸椎の中には神経と血管が通っています。
この頸椎を通る神経は体の様々な部分に向かって通ってますので、首を打ったのに何故か指先の調子が悪いなんて事もあります。
他にも打ち身がきっかけで吐き気がする事やめまいがしたり倦怠感が出たりする事もあります。
今までのことから考えられる事は打ち身といっても、ぶつけた事で肌や骨へのダメージが直接の問題になった訳では無く、神経にダメージを与えた事が原因であると考えられます。
当然何も知らなければ打った事による痛み以外のものが原因となって体に症状として現れたとわからない事もあると思います。
また時間差で体の具合が悪く事もあるので症状の原因が何なのか判断が難しくて当然と言えます。
最も大切な事は病院に行く事です。
交通事故に遭遇した時に目立った外傷は無いけど念のために検査を受けるという話を聞いた事はありと思います。
これと同様で体を打った場合であっても打った場所が首みたいに滅多に怪我しない様な場所であったり、他の部分であったとしても体調がなんか変だなと感じたら速やかにお医者様に相談しましょう。
体の何処も悪く無ければそれに越した事は無いのです。
万が一どこかに問題があれば専門家の指示の下に自身にあった治療を受けましょう。
早い発見であればリスクは減り完治の可能性は大幅に高くなります。

スポンサーリンク