打ち身であざが出来ない様に治療する方法

スポンサーリンク

あざには出来る原因が幾つかありますが打ち身によって生じる物は適切な方法さえ用いれば跡も残り難くなるので、激しいスポーツやその可能性がある場合はその手段と準備をしておくと良いのです。
打ち身によってあざが出来る原因の多くは内出血にあり更には肌の持つ色素と結びつくと次々と変色して行き、最終的には目立つ物となるので治療方法としてはこうした内出血を如何にして早く抑えるかがポイントともなります。
内出血は血管が破れてそこから発生するので血流を抑制する手段を取るのが一番であり、その方法としてはアイシングと言った物が最も効果的ともなってくるのです。
ただしこの時に良く勘違いされる方法として湿布を利用すると言う人もいるのですが、こうした物は表面的に冷える感じがするだけで血管まで冷却効果は届かないので気を付ける様にします。
また冷やすと言う治療はあざが残り難くなるだけではなく打ち身の症状を緩和する事も出来ますので、内出血等が見られなくとも行っておくと治りが早くなってもくるのです。

スポンサーリンク

あざが出来ない様にするにはアイシングをする以外にも安静にして患部を刺激しない様にする事も重要ではある物の、打ち身を負った部位によっては時にそれが難しくなる事もあります。
特に足に負った場合は例え運動等せずにただ立っているだけでも負荷がかかる可能性も高く、それ故に一旦治まっていたはずの症状がぶり返したり悪化する事もあるので注意すべきなのです。
こうした面を考慮すると継続した治療方法と言った物も併用する形で対処するのが一番であり、その手段として利用すると良いのが湿布と言った物となってきます。
湿布は初期の打ち身においては何ら改善の効果はありませんがアイシング等をした後ならば最適となり、炎症等を抑えつつも血流を良くするのせ早く治す事が出来るのです。
ただし湿布も打ち身を負って三日程度は冷感型を使用しなければならず、そこで温感型を用いてしまうと返って炎症や内出血を誘発してしまう結果となるので使い分けを間違えない様にします。

スポンサーリンク