ロキソニンテープは打ち身にも効果ありで使用方法も簡単

スポンサーリンク

打ち身になってしまった場合、冷やしたり湿布を貼るほかにロキソニンテープを貼るという方法があります。
ロキソニンテープの使用方法は、抗炎症剤や鎮痛剤であるため打ち身だけでなく色々な使い方ができるのが特徴です。
患部に貼るだけで痛みを抑えることができるので、使用方法は簡単です。
ただ、傷になってしまっているところや粘膜などに貼るのは禁止されているため、怪我をしたときなどは使用を避けることが大切です。
打ち身の他にもひざなどの痛みや筋肉痛、肩こりなどにも使用することが可能です。
慢性の痛みに対しても効果があるため、多くの薬局や病院などで処方されている有名な薬として知られています。
またテープ状になっているのではなく、錠剤のものもありますが、打ち身など体の外的痛みに直接働きかけることができるため、効果も効きやすくなっています。
ただ、発疹やアレルギーなどの副作用もあるので使用する際は医師や薬剤師に相談することが大切です。

スポンサーリンク

ロキソニンテープの使用方法で他にも気を付けたいことがあります。
テープといっても薬なのでいくつか副作用があり、皮膚に発疹が出たり胃や腸の不快感などをもたらすことがあります。
そのような症状が出た際は、使用をすぐにやめて医師や薬剤師などに相談または診療してもらうことが大切です。
このような副作用はまれで、めったに出ることはないですが、気を付けておくことが大切です。
また一度に使用する枚数も決められた数を貼ることが大切です。
肌から薬が浸透し、患部に効果をもたらすため枚数が多ければその分一度に使用する薬の量も多くなってしまいます。
ですから、医師や薬剤師に言われた通りに使用することが大切です。
患部の大きさに合わせて使用することも可能で、カットして使うこともできます。
また、一度貼り付けたら、しばらくはとらないようにすると、効果が持続します。
肌への浸透には多少時間がかかるため、テープを貼ったらしばらくそのままにしておきます。

スポンサーリンク