打ち身を負って後から出来たあざには簡単に消す方法は無い

スポンサーリンク

体を強く打ち付けて痛みや内出血等が出来る事を打ち身と言いますが基本的に重症でも無いので殆どの人が気にする事は無く、更には症状も後から出てくる事が多いので放置したり対処するのが遅れてしまいがちでもあります。
理想的な打ち身の対処方法としては少しでも体に接触した感触が出たら氷等で冷やすのが一番であり、こうする事で炎症や内出血を軽減できるのであざと言った形で跡も残り難くする事が出来るのです。
しかしながら常日頃から打ち身を負う事を意識して生活している人は殆どおらず、大体の人がそうした考えが低い為に結果としてあざを残すと言う形で悩む事が多くなっています。
一度出来たあざは基本的に個人で消す事は不可能であり病院等で大掛かりな処置をする以外に方法は無いのですが、それでも最初の対処さえ間違わなければ問題としては軽く済ませる事も出来ます。
もっともその方法を持ってさえも一定の期間は残るので消すと言うよりは治りを早くする目的で利用すると良く、その辺を理解しないと誤った手段を取り易くもなるので注意すべきなのです。

スポンサーリンク

既に述べた様に打ち身は先ずは患部を氷等で冷やすのが最善でありこれによって症状の悪化を抑えられますが、間違ってもやっては行けないのは氷等で圧迫したりマッサージする様な事となります。
冷やすと言う目的は単に炎症が酷くなるのを防ぐだけでは無くその低い温度によって血流の流れを抑制する事にありますので、それによって内出血も広がらないのであざが出難くもなってくるのです。
それ故に圧迫したりして物理的な作用をもたらすと内出血をより誘発させる事にも成り兼ねず、下手をしたら見た目と言う面で考えると悪化させる事もあるので気を付ける必要があります。
あざと言うのは結局の所はこの内出血が原因であり皮膚の働きと結びついて変色する事もある上に、血液が凝固して皮膚下に残るので物理的に何時までもあざを浮き上がらせるので容易には消す事が出来ないのです。
この様な面を考えると打ち身における処置方法は物理的な作用は可能な限り避ける事も重要であり、その為に安静にしたり心臓より上に患部を持ち上げるのもまた有効となってきます。

スポンサーリンク