打ち身の治し方と応急処置や対策方法

スポンサーリンク

何かの原因で打ち身になる場合があります。
主に多いのは交通事故などで身体に衝撃した場合に起こる場合です。
他にもスポーツをしている場合の事故や家庭内でも物が落ちてきた場合に身体で受けた場合などもあります。
打ち身になった場合のほとんどは、最初は強い痛みがあるもの大した事がない痛みへと変わってきます。
一時は治ったのかと思うのですが、時間が経てば痛みが増してくるもので場合によっては大きく腫れあがる場合もあります。
まずこのような事故が起こった場合の対策方法としては、痛く無くても冷やすことが大切です。
強く当たった場合は、後に大きく腫れあがって来ます。
冷やす事で腫れの具合を小さくすることが出来るのです。
周辺に冷やすものが無ければ、水で患部を洗い流す方法や交通事故などの場合は冷やすものが無い場合が多いので自動車のクーラーで患部で冷やす方法や缶ジュースを購入して冷やすなどをすると良いです。
応急処置としてこのような対策方法は覚えておくと良いです。

スポンサーリンク

応急処置の後は、症状が軽い場合はそのまま放置していても自然に完治しますが、症状が大きい場合は、病院へ行くことです。
病院での打ち身の治し方は、基本冷却湿布を患部に貼っての方法です。
痛みが大きい場合は、鎮痛剤を使います。
年の為骨折していないかも検査をします。
その症状によって治し方は色々とあります。
電気治療や温泉治療などといった治し方もあります。
大きい打ち身であっても自然に腫れが無くなり時間が経てば完治します。
しかし、個人差もありますが場合によっては後遺症になって完治していても季節によってはその患部が痛くなるという場合もあります。
そんな場合は、冷却湿布などを貼って対応します。
このように打ち身は、物にぶつかるという原因で起こるものがほとんどです。
日頃注意しておけば問題ないのですが、注意出来ない場合もあります。
もし、打ち身や打撲といった事があった場合は応急処置の対策をとってすぐに病院で診て貰うことが必要です。

スポンサーリンク