打ち身や内出血の薬について

スポンサーリンク

内出血が見られるというようなことがあります。
多くは打ち身が原因となっています。
どこかに体を強く打ち付けたときに、皮下組織の血管が破れるということが原因となっています。
その結果内出血や腫れが見られるようになっています。
ものにぶつけたり硬いものが当たってしまったというようなときには、皮膚の内側に血液がたまってしまうということがあります。
これが内出血のメカニズムとなっています。
非常に強い痛みを感じたり、見た目もあまりよくありません。
したがってこのようなときにはできるだけ早く治したいと多くの人が考えるようになっています。
人間には自然治癒力というものがあります。
したがって無理に治そうと働く必要はありません。
内出血があっても、自然に消えるようになっています。
しかしあまりに目立つというようなときには、少しでも早く治す方がいいと考えられています。
打ち身を放っておくと、どんどん色が変色してあざになってしまうということもあります。

スポンサーリンク

そこで少しでも打ち身を治すためには、応急処置をしっかりと行います。
すぐに冷やすということを行います。
できればけがをしてから24時間以内に冷やすようにします。
そして腫れがひいてくれば次に温めるということを行います。
これで治療を少しでも早くすることができます。
患部の血液の流れをよくするように意識をします。
食事で回復を早くするという方法もあります。
このときには鉄分やビタミンCがたくさん含まれている食事を心がけるようにします。
薬を使うという方法もあります。
どうしても早く治したいというときには、薬を使うという方法があります。
特に内出血に効果があると考えられているのは塗り薬となっています。
ここに塗ることで、患部の血行をよくすることができます。
その結果治療のスピードを早くすることができます。
このときには薬剤師に相談をするようにします。
このほかに漢方薬などを上手に使うという方法もあります。
あまりにも気になるようであれば病院を受診します。

スポンサーリンク