打ち身で起こる内出血を放置するとしこりができる

スポンサーリンク

打ち身になると程度の差こそあれ内出血が発生しそれによって皮膚の下で変色してもきますが、大抵の場合においてこれらはそれ程重要な怪我でもないので痛みを別とすれば放置していても問題無い事が殆どでもあります。
打ち身で内出血が起こるのは血管が圧迫されてその周辺が破れて皮膚下で血が出ているからであり、変色等もそれに関連する物なのでこれらの原因を取り除けば軽減する事も可能です。
一般的に打ち身を引き起こした際に取ると良い対処方法は冷却する事だとされているのですが、これは血流の流れを敢えて鈍らせる事によって内出血を抑え炎症も沈められるので痛みと見た目の両方で良い結果をもたらします。
とは言っても打ち身に関しては殆どの人がそれほど気にする事も無く自然治癒に任せる事も多く、実際にこうした症状は長くても二週間程度ではほぼ完治するので特に問題は無いとも言えるのです。
しかし一つ気を付けなければならないのは内出血が酷すぎると言う場合であり、こうした時でも特に痛みを伴わなくてもしこりと言う新たな問題が出る事もあるので注意する様にします。

スポンサーリンク

しこりは多くが内出血が目立つ形で固まった時に感じられる物でありこれその物は特に問題は無い物の、大きさやできてしまった部位によっては痛みを誘発するので注意する必要があります。
また一度しこりが出てしまうと個人でできる処置は殆ど無く自然に消えるのを待つ以外に方法が無いので、やはり打ち身も軽視せずに最初の内で処置するのが重要ともなります。
しこりは言ってみれば血の塊でもあるので湿布や冷やすと言う方法を取っても無意味であり、実際に病院等で行える方法も限られてくるので見方によっては非常に厄介な物でもあるのです。
またしこりの大きさや部位によっては神経を圧迫する事もありそうなると不快な痛みも伴ってきますが、我慢できなくなる程の症状は稀でもあるので深刻に捉える必要もないのです。
しかし中には全く別の病気によってしこりがもたらされている可能性もありますので、何時迄も症状が治まらなかったり強い違和感を感じる場合は医者に相談する様にします。

スポンサーリンク