打撲や打ち身に病院に行く場合について

スポンサーリンク

スポーツや雪道などの転倒によって打ち身や打撲を発症してしまう場合があります。
この場合、痛めた患部の内出血を防止するために、患部を冷却することを推奨します。
応急処置をしないで放置しておくと、内出血を起こした皮膚が広がってしまう可能性が出てきます。
そして痛みがそこまで強くない場合は、市販の湿布などを使用して安静にしている事が回復につながります。
他方で時間が経過しても痛みが強い場合は、早急に病院に行くことを推奨します。
そして病院の診察では、痛めた身体部分の症状や、痛めた経緯を医師に正確に伝えることが大切となります。
これを怠ってしまうと不正確な情報を医師に伝えることになるために、適切な治療が遅れてしまう可能性が出てきます。
そして病院のレントゲン検査はしっかりと行うようにしましょう。
なぜなら、仮に痛みがそこまで激しくない場合であっても、小指などの箇所によっては亀裂骨折を発症している場合があるからです。

スポンサーリンク

野球やサッカーなどのスポーツで転倒した等の理由によって、打ち身や打撲を発症した場合は、可能ならばすぐに病院に行くことを推奨します。
外科などのレントゲン検査をしっかりと行って、そして骨折ではないと判明した場合は、痛みの原因は打ち身や打撲の可能性が高いために、痛めた患部の炎症を抑える治療となります。
この治療方法としては、痛みが激しい場合は鎮痛剤の投与となります。
また患部の治療のために、外科で湿布薬が処方されるケースがあります。
病院で処方される湿布薬は、市販で販売されている湿布薬よりも効果が大きいケースがあります。
反面として、正しい用法を守らないと、鎮痛作用が強く効いてしまう等の副作用が発生する可能性があります。
したがって、医師や薬剤師の説明をしっかりと守ることが大切となります。
多くの打ち身や打撲の場合は、病院で処方される薬をしっかりと服用して、そして私生活でも安静にしている事によって、時間の経過によって完治します。

スポンサーリンク