打ち身に対する湿布での効果

スポンサーリンク

湿布の中にはロキソニンが入っているものもあり痛みを和らげてくれるものもあるので打ち身などには有効なのです。
そして冷、温の二種類があり打ち身を起こした時間によって貼り分けることによりさらに効果的にすることが出来ます。
打ち身をしてすぐなら白色の冷やすものを使い、炎症部分の熱が引いてきたら茶色の温めるものを使います。
しかし定期的に剥がして肌の休憩を入れることが必要になります。
肌に長い間着けておくとかぶれてしまいますし、効果を最大限に引き出せなくなる原因になります。
早期の場合は水で冷やしたり、患部を動かさないようにしたり、急性期ではお風呂などで温めないようにするなど様々な対処をすることによって痛みを和らげていくことが出来ます。
湿布はあくまで痛みを和らげるための補助なので依存して使うと逆効果になってしまうので用法と容量はしっかり調べて使うことが大切になってきます。
間違った使い方は治療の妨げになります。

スポンサーリンク

湿布の使い方としてお風呂や運動をした直後など身体があったまっていて汗を書いているときに使うと炎症を起こします。
身体があったまっているときは毛穴が開いてしまっているので湿布の効果が毛穴から体内に入りすぎてしまうため炎症を起こしてしまいます。
そして身体が濡れているときに貼るとかぶれの原因になります。
打ち身の治療をしていたのに皮膚炎になってしまう可能性があるので使い方は守る必要があります。
しかし使い方さえ守ればとても炎症部に対しての治療法になります。
そもそも打ち身は安静にする以外人が対処は出来ることが少ないのです。
その数少ない対処法の一つが湿布なのでその効果を最大限に活かすことが重要になってくるのです。
身体の自己治癒力を高めることによって身体の内側と外側の両方から治療していくことによって早期の完治が見込めるのです。
身体の痛みは動かすだけで苦痛になるのでその時身体にあった対処をすることにより打ち身に対する湿布の効果を最大限に引き出せるのです。

スポンサーリンク