打ち身で内出血が紫色に変わるとあざの原因となり易い

スポンサーリンク

打ち身を負うと皮膚下の組織が破壊され時に血管等も傷付ける事によって内出血を伴う事もありますが、例え痛みが強い物だとしても余程の事が無ければ大怪我に繋がらないと判断してしまうのが一般的な認識でもあります。
実際に打ち身の殆どは痛みや炎症が取れるだけならば二週間もあれば完全に良く成る上に、症状が軽い場合は数日で気にする必要も無く回復する事も確かにあるのです。
しかし問題なのは後で悪化したりあざと言う形で跡が何時までも残ってしまうケースであり、その多くの原因に内出血が関連する事もあるのでやはり最初の内である程度は対処する必要もあります。
特に紫色に変色した内出血は要注意でもありこれは後で更に茶色くなってしまう可能性も高く、確実に目立つ形で皮膚に跡を付けてしまうので女性等は気にした方が良いのです。
一般的に紫色に変わる内出血は何かしらの病気等では無くむしろ体の機能が正常に働いた結果でもあるので、正常な反応ではありますがだからと言って放置すると別の問題を誘発するので気を付ける様にします。

スポンサーリンク

あざとして残さない為には打ち身を負った直後に適切な処置をするのがもっとも効果的であり、特に原因となる内出血を防いだりもし症状が見られても拡大するのを防ぐのが一番となります。
その方法としては単純明快であり幹部を冷却するだけなのので簡単ではありますが、この時に冷やす方法を間違えると逆にあざを作り出す原因ともなるので注意すべきです。
一般的に冷やす時は氷や水と言った物が有効とされているのでそれらを利用する様にし、湿布等は応急処置的には利用しても良いのですが後で必ず別の手段で冷やす様にしないと意味が無い物となります。
またこの時に湿布も冷やすタイプ以外を利用すると悪化させてしまう原因となるばかりか、血流を促して内出血を紫等の変色に進ませてしまう事もあるので必ず湿布の種類に関しても注意を怠らない様にするべきなのです。
他にも打ち身を負って暫くは安静にする事も大事であり同じ箇所を打ち付けると悪化するのは勿論ですが、体重がかかる部分は負荷がかかるのでそれによっても悪くなるので注意する様にします。

スポンサーリンク