首の打ち身の対処法について

スポンサーリンク

打ち身というと割と大した症状というイメージは無く、時間が経てばいずれ治っているという風に考えている方も多いと思います。
たしかに軽度の打ち身であれば放っておいても自然に治ります。
ただ、打ち身の起きた体の場所や症状の程度によっては注意は必要かもしれません。
もちろんしっかりと対処する事で治るものなので過度に不安に捉える事無く、悪化したり不安にならないために知識を蓄え丁寧に対処できる様に考えていきましょう。
今回のポイントであるのは首の打ち身という点です。
体のどの部分でも配慮が必要ですが、首には他の部分と違ってたくさんの神経が通っているという事が重要であります。
頸椎というものが首にはあります。
これは首の骨であり体の重要な部分です。
この頸椎の中には頸髄という神経と視経根という神経の2つの神経が通っています。
またそれらの神経と一緒に血管も通っています。
これ等重要なものが頸椎には集まっているのですが、この頸椎を中心に体の指先の神経や視力等と多岐に繋がっているので首の打ち身が結果的に頸椎にダメージを与え体の思わぬところに症状がでてしまう事があるのです。
例えばどの様な症状が出るのでしょうか、またこれ等にどう対処していくべきなのか更に深く掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

では実際に頸椎がダメージを負う事でどの様な症状が起きるのでしょうか。
まず良く見られる症状は頭痛や吐き気、倦怠感です。
また、手足が痺れたりする事もあります。
これは運動神経にも影響していて体がいまいち思うように動かないという場合もあります。
次に感覚が鈍くなったりします。
例えば冷たい水の中に手を入れてもいまいち冷たく感じなかったりします。
そして自律神経が正常に働かなくなっているという可能性です。
自律神経失調症の症状が現れます。
これ等の例は交通事故のむち打ちに似ていて怪我した場所とは違う部分に症状がでるのです。
首の打ち身というものが原因であるにも関わらず全くちがう症状がでるので、どこが原因で体調に異変が起きたのかわからない場合があります。
時間差で症状がでるケースもあるので尚更です。
とにかく1番の対処法は病院に行く事です。
できれば何も体に症状がでて無くても行く事を推奨します。
何も無ければそれでいいのです。
ただもし何かが見つかれば早急に治療する事で悪化は防げますし、完治の可能性も大幅に上昇します。
なので専門家に相談しプロの指示の下に自分にあった治療をすることこそが1番の対処です。

スポンサーリンク