腰の打ち身の対処法について

スポンサーリンク

打ち身と聞くとそんなに大した怪我では無く放っておけば自然に治ってといるであろうと考えるものです。
実際に打ち身の経験が無いという人の方が少ないと考えられますし、ほとんどのケースは自然に気づいたら治っているものであると思います。
しかし打ち身と言えど稀に思わぬ症状がでる事があります。
それは体の打った場所や打った衝撃の度合いなどで起こり事があります。
今回は打った場所が腰という点に注目して、打ち身によって起きうる思わぬ症状の例を踏まえて、原因と対処法について考えていきたいと思います。
体を何かしらにぶつけると肌にアザができ、内出血したり、酷い場合ですと骨にヒビが入ったり骨折したりというのは一般的には理解されているものと思います。
この場合は単純に痛みがでるという症状なので体をぶつけた事が原因であると自分でもわかるものです。
しかし痛みと全く違う症状がでる場合があります。
それは痺れであったり目まいであったり、倦怠感などであったりと打つという症状とは全く関係無さそうなものばかりです。
しかし、体には無数に神経が通っています。
この神経を傷つけてしまう事で思わぬ症状が体に現れます。
腰を打った場合にどの様な思わぬ症状が現れるかを腰の神経とともに掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

耳にした事があると思いますが脊髄という太い一本の神経があります。
この脊髄は脳から腰にかけて通っており、また脊髄は身体中に無数の神経を張り巡らせています。
それは五感に関わる神経であったり、自律神経であったり、運動神経であったりと重要な神経が腰に集中しているのです。
この脊髄や神経を打ち身によって傷つけてしまう事が思わぬ症状を引き起こす引き金になるのです。
これは交通事故などで良く聞く例と同じで見た目が無傷に見えてもむち打ちなどが原因で後から体に症状がでるとい例です。
打ち身も酷い場合ですとこの交通事故の様に後から体に症状がでる可能性もあります。
症状が体を打ったものとは全く関係が無さどうですし、時間差で症状がでるので何が原因かもわからないなんて事もあると思います。
対処法は病院に行く事です。
できればちょっとした事であっても腰や首など体の中心で神経の通っているを部分打ったら速やかに病院に行く事を推奨します。
何も無ければそれに越した事はありません。
ただ、万が一でも何かが見つかればすぐに治療ができるのです。
適切な治療を早急に受ければリスクは大幅に減り、完治の可能性も速度も大幅に上昇します。
困った時や心配な時は専門家に相談するという事こそが一番の対処法です。

スポンサーリンク