打ち身や打撲をしたときの温泉治療

スポンサーリンク

打ち身や打撲は、一度はやったことがあるという経験を持つ人が多いため、なじみのあるケガだと言えます。
これは何かにぶつかったり転倒したときになることが多く、それになる年代も子供からお年寄りまで幅が広くなっています。
 打ち身や打撲をしたときの応急対処法としては、そこを冷やすこととなります。
これはそれをやった場合患部が炎症を起こすためです。
 炎症とは熱を持つことにより痛むため、痛みを軽減するという意味を持ちます。
 なお、このときに内出血を起こしている可能性もあります。
内出血の方も冷やせば治ります。
これは後であざができるのを防ぐという意味もあるため、非常に有意義です。
 ケガに効く温泉が近くにあるのなら、それを使いたくなるのが人情ですが、少なくとも打ち身や打撲をした当日は入浴を避けるようにしましょう。
 これは温めることにより炎症が悪化し、内出血が広がるかも知れないからです。
 温泉の利用は、痛みが引いてからにしましょう。

スポンサーリンク

 冷やすことにより痛みが和らいだのだが、どのタイミングから温泉を使ってもよいのか分からないという人は、医師に相談するようにしましょう。
医師の許可を得た後ならば、入浴しても構いません。
 その際に選ぶべきなのは、単純泉や塩化物泉となります。
これらはケガの治療に対し効果を発揮すると言われているからです。
 足だけがやられているのであれば、足湯を使うというのが有効です。
自然治癒能力を高めるという意味では、全身を温めた方がよいのですが、ケガに対する効能を持つ温泉ならば、それでも十分な効果を持ちます。
 なお、どれだけ効果を持つと言われている温泉でも、一度きりの入浴では劇的な効果を発揮するのは難しいとされています。
 そのため、自宅の近くにそうした施設がない場合は、旅行をかねてその場にしばらく逗留した方がよいでしょう。
継続的に入浴すれば、打ち身や打撲の治りも早くなります。
 ケガの程度や周辺の環境などを考えて有効活用するようにしましょう。

スポンサーリンク