打ち身や打撲の応急処置について

スポンサーリンク

人や物にぶつかってしまうということがありますが、これは日常生活の中で頻繁に発生しやすいものとなっています。
したがって多くの人がこのような経験をしたことがあるというようになっています。
しかしただの打撲や打ち身というように考えて、しっかりとケアをしなかった場合、後で痛みや内出血、この他にはあざというように残ってしまうことがあります。
したがって最初にしっかりと応急処置をすることが必要になります。
そこで気になるのが、打ち身や打撲の時にどのような応急処置をすればいいのかということになります。
基本的にどのような場合でも応急処置は次のようになっています。
それは安静にするということと、患部を冷やすということになります。
また患部を心臓よりも高い位置に持って行くというのも、応急処置の一つとなっています。
最初にしっかりとこれを行っておくことで、炎症が広がるということがありません。
また回復までの時間も短くすることができます。

スポンサーリンク

打ち身や打撲に関しては、強く打ち付けるということで、筋肉が損傷するようになっています。
打撲はスポーツの時だけではなく家具に足をぶつけるというようなときにも発生するようになっています。
しかしこの場合病院で必ず治療を受けなくても自然に治るようになっています。
体の一部を強打したために、筋肉が損傷するようになっていますが、症状としては痛みや腫れがあります。
この他には青あざができるということもあります。
筋肉の中には1ミリメートル以下の毛細血管がたくさん走っています。
ここで強く打ち付けてしまうと、出血が見られます。
この出血に関しては周辺に広がるようになっています。
症状が軽いという場合には、一定期間を経過した後自然に吸収されるようになっているので、跡が残るというようなことがありません。
しかし強く打ち付けてしまったというような場合には、筋肉の中で出血が発生し、それが塊となってしまうので、強い痛みや腫れが見られます。
このときに応急処置を行いますが、アイシングに関しては24時間から72時間行います。
その後温めるということを行います。

スポンサーリンク