打ち身の内出血が治らない原因について

スポンサーリンク

打ち身や打撲というのは、日常生活の中で多くの人が経験することとなっています。
このときに内出血が発生することがありますが、時間の経過と共に治ると考えている人がいます。
しかし時間が経過したにもかかわらず、治らないということもあります。
あまり痛みがない小さな内出血であっても、なかなか治らないということになると非常に気になってしまいます。
ここで心配になるのが、大きな病気が関係しているのではないかということです。
内出血が治らないということで心配になってしまうのが白血病ということになります。
しかし打ち身といってもさまざまなパターンがあります。
打ち身でなかなか症状が治まらないというようなときには、次のような原因が考えられるようになっています。
内出血は皮下組織の血管が破れて血液がそこにたまって腫れた状態となっています。
すぐに症状が現れるということはありません。
数日後に現れて、その後数週間で消えるようになっています。

スポンサーリンク

そこで治らない原因として考えられるのは、打撲をした後にしっかりとケアをしなかったということが考えられます。
強く打ち付けたときには冷やすというような応急処置をすることが必要になります。
これをしっかりと行わないと、炎症をしっかりとさえることができません。
これで炎症の範囲が広がるということが原因となって、治りが遅くなってしまうのです。
したがってどこかに打ち付けたというようなときには、すぐに患部を冷やすようにします。
この他に考えられる原因としては、皮膚組織に異常が発生しているということになります。
これは皮膚が変色をしてあざになっているということが考えられます。
この場合は自分で処置をするということができません。
皮膚科を受診するようにします。
他に大きなけがをしているという可能性もあります。
痛みがひかなかったり腫れているというようなことがあります。
このような場合には骨折や捻挫をしているという可能性があります。

スポンサーリンク