打ち身のあざが消えない時の対策は

スポンサーリンク

打ち身は最初の対策が非常に大事になってきます。
打ち身は外から強い衝撃を受けた場合に筋肉繊維が切れてしまったり、軟部繊維が損傷することでその部分が腫れてしまったりあざが出来てしまったりします。
きちんと対策を取っていけば消えないあざが出来たりする可能性は低くなります。
正しい処置をすれば1週間程度で完治するのが普通です。
ひどい場合でも2週間から3週間あれば大抵の場合完全治癒します。
打ち身の治療は初期段階では氷や氷嚢を使って患部を冷やす事が大事になってきます。
これは内出血を抑える事が最初の段階では大事だからです。
そして内出血が治ったら患部を温かいタオルで温める温熱療法が有効になってきます。
患部は心臓よりも高い位置に上げて保護していく事が大事です。
そして怪我をした初日には血行が良くなってしまわないようにお風呂に入らない事が大事です。
また同じく初期段階では、マッサージをしないことも大事なポイントです。

スポンサーリンク

こういった事がきちんと出来ていればあざが消えないということは少なくなります。
しかしひどい状態などの場合はどうしてもあざが消えない場合もあります。
メラニン色素が多いほど消えない状態になりやすいのですが、日本人はメラニン色素が多い人種なので一般的に出来やすい部類に入ります。
こういった色素沈着は時間の経過とともに段々薄くなってきます。
少し気になる場合はファンデーションなどでカバーして目立たないようにすることも出来ます。
しかし症状がひどい場合は病院で治療を行うことが必要になってきます。
初期段階でしっかりと対策を取れなかった場合は病院できちんと処置をしてもらう事が重要です。
治療方法としてはレーザー治療や手術という方法があります。
どういった治療があるかは病院できちんと診察を受けて1番良いものを選んでいくのがいい方法です。
内出血が治った時に今度はきちんと血流を改善させる治療が大事です。
そうすることであざを治すことが出来ます。

スポンサーリンク