打ち身の激痛の症状と原因について

スポンサーリンク

打ち身は日常生活の中でどこでも発生する可能性があるけがとなっています。
小さな子供が遊んでいるときにけがをするということもあれば、大人でも、ものを運んでいるときに落としてしまい、打ち身が発生するということがあります。
このようなときには症状として激痛が生じるようになっています。
打ち身は無理な運動をしたときや、何かにぶつかったときに、その部分の血管が切れることで発生するようになっています。
このときにその部分の血管が切れて内出血が発生するようになっています。
激痛に襲われたり腫れが見られるというのが大きな特徴となっています。
足首などに発生しやすくなっていますが、激痛に襲われるということで悩まされている人も少なくありません。
打ち身によってあざが残るということがあります。
このときに考えられる原因としては、けがをしたときに適切な応急処置をしていなかったということになります。
したがってあざが残ってしまうのです。

スポンサーリンク

打ち身の際に見られるあざに関しては、一般的には1週間から2週間で自然に治るようになっています。
症状が重くなると、触るだけでも痛みを感じるようになっています。
ここで少しでも早く治療したいと考える人がいます。
そのためには患部を温めるということが大切です。
温かいお風呂にはいると血液の流れがよくなります。
こうすることでリンパの流れを促進させることができます。
人間には自然治癒力があるので、これで向上させることができます。
この他の方法としては湿布を貼るというものがあります。
これで炎症を抑えることができます。
痛みや腫れなどの症状を抑えるためには、基本的に安静にしておくということが大切です。
しかし症状がなかなか治まらず激痛があるというようなときには、骨折をしているということが原因と考えられます。
したがって病院を受診します。
痛みや腫れの原因をしっかりと追求することが大切になります。
これで打ち身の回復を早めることができます。

スポンサーリンク