打ち身をした事によりあざが消えない原因と対処法

スポンサーリンク

ふと、自分の体を見たときにいつの間にか出来たあざに気付く事があります。
これは打ち身と呼ばれ人や物にぶつかり転倒や強打した場合起こる症状です。
筋肉の一部が損傷する怪我で痛みや腫れが出る場合があります。
筋肉の内部には直径1ミリ以下の細い血管が通っていますこの血管が切れると内出血しあざとなって症状が出てきます。
打ち身がが軽い場合は出血が周囲に散らばり吸収されるため後が残りません。
しかし、強打の場合は出血が筋肉内に溜まり強い痛みや腫れが起こります。
症状がひどい場合は骨折している可能性があるため異変を感じたら病院に受診しましょう。
打ち身により痛みや腫れが出たら患部を冷やす事が重要な対処法になります。
これは、血管を収縮する事で出血と痛みを和らげ悪化し腫れる事を防ぐことが出来ます。
場所によって冷やし方は違いますが、氷のうで冷やす場合はタオルやガーゼで一枚挟み患部を冷やし過ぎないようにしましょう。
コールドスプレーは一瞬で患部を冷却出来るため便利で有効です。

スポンサーリンク

打ち身によって出来てしまったあざが消えない原因は体内でどのような事が起きてるのでしょうか。
これは、皮膚を守るために防護反応として生成されるメラニン色素によるものです。
怪我をした初期段階では内出血によるあざのため青いですが、メラニン色素が残ると茶色く色素沈着していき、色素が濃いほどあざの色も濃くなります。
日本人はメラニン色素の生成能力が高いため濃く残る傾向があります。
色素沈着は時間の経過とともに薄くなりますがひどい場合は病院でレーザー治療や手術しないと治らない場合があります。
後に状況を悪化させないためにも初期段階の患部をしっかりと冷やす事が重要です。
食事面でも有効で鉄分とビタミンCの摂取としてプルーンやひじき、くだもの類を意識的に摂るようにすると治りを早くし手助けしてくれます。
消えない原因として様々な要因がありましたが、初期から怪我の手当てを適切に行い症状がひどい場合は自己判断せず病院で診てもらいましょう。
あざ消えない原因が理解できていれば初めの行動も変わるため少しの知識でも対処法に違いが出るため頭に入れておくようにしましょう。

スポンサーリンク