打ち身や打撲と内出血の治療法はほとんど同じです

スポンサーリンク

日常生活やスポーツをしている時に転倒や身体のどこかを強打することがあります。
この怪我や負傷を打ち身と呼び、全く同じ意味の別名を打撲とも呼びます。
この怪我の特徴は身体のどの場所でも負傷により発生し、主な場所として腕や足に多く起こることがありますが中には顔や頭にも発生します。
打ち身や打撲は負傷場所に痛みや赤みが生じますが、軽症の場合は放置や濡れタオルなどで冷やすことにより数分で治まります。
ただしこの時に強い衝撃を受けた場合、内出血を発症することがあります。
内出血の治療は打ち身や打撲と異なり、きちんとした処置を怠るまたは気付かずに放置してしまうと負傷場所に痣として残ってしまいます。
もしも日常生活時やスポーツ時にどこかを負傷してしまった場合はすぐに負傷場所を冷やす処置を行うようにしましょう。
仮に内出血の発症に気付かなかった場合でも冷却処置により応急処置を行うことができ、症状に気付いた後でも続けて治療を行い治すことができるからです。

スポンサーリンク

打ち身や打撲による負傷をした場合と内出血時の治療方法はほとんど同じで、どちらも患部を氷水や濡れタオルで冷やす処置を行います。
この冷却処置により患部の痛みや腫れを抑えることができます。
内出血の場合は身体の中で出血を起こしている症状を抑える効果もあるため、短くても1日以上の冷却時間が必要になるので包帯やタオルを使って冷却物を固定させるようにしましょう。
治療中はなるべく安静にして過ごし、負傷場所を動かす場合も必要最低限の動作や範囲で行動しましょう。
むやみに動かし刺激を与えると怪我の治りが遅くなるためご注意ください。
冷却処置の時間については、患部の痛みや腫れが治まると冷やす必要はなくなります。
必要以上に冷やし過ぎると今度は負傷場所の血行が悪くなるため状態をよく見てください。
また、冷やした患部を反対に温める治療法があります。
これは加温により血行を促進させて患部の自然治癒力を高める効果を引き出す方法になります。
注意点として患部の痛みや腫れが治まったことを確認した上で行います。
早い段階で行うと怪我の状態が悪化するためご注意ください。

スポンサーリンク